Around the hotel観光案内
九十九里名物、焼きはまぐりと海鮮について
九十九里の名産品の一つであるはまぐりは、昔から水揚げ量が多いことで知られ、11月から8月までが漁の時期となり、5㎝以上のものしか捕れない決まりがあります。このはまぐりは産卵期に入る1月から3月が旬にあたり、この時期は身が太って肉厚になっているので、焼いて食べたり、お吸い物の具材にします。特に九十九里では、新鮮なはまぐりの味が活きる、焼きはまぐりがよく食べられています。 【続きを見る】
九十九里が誇る特産品をご紹介
九十九里は海産物で有名な場所ですが、実はイチゴやメロンなどのフルーツや、落花生やネギなどの野菜の生産も盛んになっています。特に関東最大級のイチゴの楽園と呼ばれる山武市では、ビニールハウスでのイチゴ狩りが楽しむことができます。 【続きを見る】
九十九里ビーチラインで、存分に遊ぼう。
九十九里ビーチラインは、千葉県道30号飯岡一宮線の愛称であり、千葉県旭市下永井にある飯岡バイパス東を視点とし、長生郡一宮町東浪見の国道128号を終点とした、全長約60kmの道路です。この道路は、九十九里浜の海岸に最も沿った道路となり、1988年よりビーチラインの愛称が使用されています。 【続きを見る】
九十九里浜の海の楽しみ方
九十九里の海は、年間を通して海水浴や釣り、マリンスポーツなどが楽しめることで知られています。7月ごろに海開きが行われると海水浴シーズンとなり、様々な海水浴場が賑わいます。この海水浴場では、様々なレジャー施設を含んだ蓮沼海浜公園に隣接する殿下海水浴場や、本須賀海水浴場、片貝海水浴場などが人気となっています。 【続きを見る】
熊野神社などの歴史
九十九里には歴史のある神社がいくつかあり、この神社の中でも代表的な熊野神社が横芝光町にあります。また周辺には、永享寺や栗山川、仏教劇で知られる広済寺などがあります。 【続きを見る】
新鮮なもつを味わおう
九十九里の中にある横芝光町は、豚もつ料理が盛んな地域として知られています。豚もつとは主に大腸や小腸、レバーやハツなど10種類以上の内臓肉を使用しています。 【続きを見る】
坂田城跡での梅まつりや特産品
九十九里の横芝光町の坂田城跡には、千葉県最大級の梅林が広がり、約1000本の巨木が連なっています。この梅林の中で、毎年2月末から3月半ばまで梅まつりが開催されていて、期間中はイベントが開催されたり、梅を使った加工品が販売されます。 【続きを見る】
九十九里浜で人気のいわし料理
九十九里は年中海鮮料理が食べられますが、特にいわしが国内有数の漁獲高を誇り、豊富な種類が漁獲され、季節ごとに新鮮なイワシが水揚げされています。九十九里のいわし漁の拠点は九十九里町にある片貝漁港で、町役場通りにはいわしのモニュメントが飾られ、海沿いの店で新鮮ないわし料理を食べられます。 【続きを見る】
八坂神社や祇園祭とは
広大な九十九里は九十九里町や東金市、横芝光町などで歴史のある祭りが多く、特に7月から9月にかけて例祭などの祭りが集中する時期となっています。この中でも横芝光町にある八坂神社は、京都の八坂神社を総本山とし、毎年8月に祇園祭と呼ばれる躍動的な祭りが行われています。 【続きを見る】
多様な九十九里の動植物
九十九里は南北に続く長い海岸で知られていますが、海岸では特殊な生態系などが確認されています。これらの生態系の住む環境が車から破壊されないように、平成10年から旭市から一宮町までの約60キロメートルの海岸地域が関係車両以外車両乗入れ禁止となりました。 【続きを見る】
九十九里で楽しむ、様々な果物狩り
九十九里は果物の栽培も盛んで、果樹園によってはリンゴや柿、ブルーベリーやイチゴなどの果物狩りが楽しめるところもあります。このなかでも、リンゴや柿を狩る時の料金は1kgにつき500円程度となっています。 【続きを見る】
酒造を見学して、地酒を楽しもう。
九十九里に観光スポットはたくさんありますが、実は酒造もいくつかあり、全国から地酒や地ビールの作り方を見たり、試飲するために訪れる人がいます。この酒造は松尾町や蓮沼などにあり、年中見学ができます。 【続きを見る】