Around the hotel観光案内

様々ないわし料理を

食べつくす

九十九里は年中海鮮料理が食べられますが、特にいわしが国内有数の漁獲高を誇り、豊富な種類が漁獲され、季節ごとに新鮮なイワシが水揚げされています。九十九里のいわし漁の拠点は九十九里町にある片貝漁港で、町役場通りにはいわしのモニュメントが飾られ、海沿いの店で新鮮ないわし料理を食べられます。こちらで獲れるいわしは愛着をこめてセグロとも呼ばれ、脂身の少ない身が特徴となっています。また、いわしは鮮度が落ちやすく身も崩れやすいので、身が硬いものや丸々太ったものが良いとされ、ツヤのある身が新鮮と言われています。九十九里ではこのいわしを使った料理も様々あり、代表的なものでは刺身やなめろうがあります。刺身として食べる場合は、ツヤのある新鮮ないわしの身をキレイに切り盛り付けたものが良いとされ、なめろうは味噌やネギ、ショウガのみじん切りなどを混ぜ、粘りが出てくるまで叩いています。さらに、いわしの身を丼に乗せて食べるいわし丼の場合は、生のいわしと大根の千切り、しょうがやきゅうりなどと一緒にいただきます。
九十九里ではいわしを生で食べる以外にも様々な食べ方があります。新鮮ないわしの身をすりつぶして、たまごやでんぷんなどを加えて団子状にしたつみれは、おいしい出汁が出ることで知られ、いわしの風味と食感を存分に感じられます。いわしの身を天ぷらにした天丼は、いわしの天ぷら2、3枚に加えてシソやカボチャなどの天ぷらも盛り付けられることが多く、いわしの柔らかな身と天ぷら衣のほどよい歯ごたえが味わえます。さらに天ぷらの甘いタレも加わり、うまさを引き立てます。また、いわしの身をカレーに入れて味わう方法もあり、これは缶詰として発売されています。缶詰にはいわし丸々1尾分の身が入っていて、身は揚げて衣が付けられおり、ジャガイモやタマネギ、ニンジンやショウガなどの具材と一緒に盛り込まれています。ご飯と一緒に食べる際は、いわしの風味や味、柔らかな骨の歯ごたえなどを味わうことが出来るので、おみやげの人気商品となっています。
いわしの中でもお土産として人気のある商品は様々あり、新鮮ないわしの身を塩水につけてからオイルで煮込んだ南蛮漬け(サーディン)は、骨までまるごと食べられるためカルシウムを取りやすくなっています。南蛮漬けは臭みもなく、骨まで柔らかくなっているので、年齢に関係なく食べられたり、お酒の友やご飯のおかずとしても重宝します。おせち料理などでお馴染みのいわしのたづくりは、スナック感覚で食べることができ、いわしの身を丸々1尾食べられるため、カルシウムが豊富になっています。また、いわしの丸干しはその名のとおりいわしの身を干したもので、グリルやフライパンで焼いて食べるとおいしくいただけます。いわしの頭や内臓を丁寧に手作業で取り除き、酢につけこんだごま漬けは、九十九里の郷土料理としても知られ、良い酢の加減と程よい歯ごたえが味わえると評判です。ごま漬けにはアクセントにショウガやゴマ、ミカンの皮やトウガラシも加えられ、見た目も鮮やかです。また、いわしの身に含まれる栄養成分には血液をサラサラにする効果があり、心筋梗塞や脳血栓などをふせぐとも言われています。さらに学習能力や視力を高めるDHAも多く含まれています。
いわしの町として知られる九十九里では、毎年2月から4月にかけての2ヶ月程度、浜大漁いわしまつりというイベントが行われています。このイベントはいわしをテーマに九十九里の観光にまつわる事業者や団体、町役場が一体となって行われ、期間内は新鮮ないわしのごま漬けや丸干し、目刺しやみりん干しなどの加工品が食べられたり、みりん干しの無料配布が行われています。また、2015年4月にオープンした海の駅九十九里には、3,000匹のいわしが泳ぐ水槽や、いわし漁の歴史や文化を学ぶことが出来るいわし資料館があります。さらに海辺の景色を眺めながら新鮮ないわし料理を味わうことも可能です。ぜひ、九十九里ではいわし料理を味わってみてください。
海の家九十九里
2015年4月にオープンした海の駅九十九里は、いわし漁の文化を学ぶことが出来る資料館など、九十九里といわしのつながりを知ることが出来る資料が揃えられています。また、漁港から直行された鮮魚の販売も行われていたり、フードコートで郷土料理を食べることもできます。
千葉県山武郡九十九里町小関2347-98 0475-76-1734